ネズミ駆除超音波は馴れさせないのがポイント

ネズミが屋根裏で毎晩走り回る、台所に夜な夜な残飯求めて出没する。
ネズミを巡る問題は古くて新しい問題です。

日常生活でネズミトラブルはある意味、宿命づけられた感も漂いますが、ネズミ駆除方法はある程度、これ以上はないレベルにまで充実してきました。
にもかかわらず、ネズミ駆除問題に頭を悩ませられる人は数多くいます。



ネズミ駆除の代表的方法としては、粘着テープをネズミの通り道に張り巡らせる方法が想起されます。

粘着成分には殺鼠成分も含まれているので、物理的に動きを抑えるばかりか駆除もしてくれるという力強い存在です。

しかし避けて通れないのは、ネズミの死体を物理的に処理しなければならない点です。正直、ネズミの顔もみたくない人に取っては、必ずしも歓迎できる方法ではありません。


ネズミ駆除超音波を放出する機器を設置することは、この欠点を克服していると言えます。

ネズミにとっては大音量に聞こえるものでも、人間やペットには何も聞こけないため、集中してネズミに作用を期待できます。

goo ニュースがとても人気であることがわかります。

しかしネズミ駆除超音波を利用しても、家屋の構造上超音波が届きにくいところにネズミが避難してしまうことがあります。

中には同じ超音波には順応してしまい、慣れてしまうことがあります。



殺鼠剤ですら跳ね返すネズミがいるくらいなので、このようなネズミがいても珍しくありません。

ネズミ駆除超音波に使用する機会には、超音波周波数をランダムに発する装置を選ぶなどの対策が必須でしょう。